看護部

看護部長挨拶

鎌倉療育医療センター小さき花の園は、重症心身障害児者の生活を支援する施設です。
利用者さんは、心身共に思いハンディキャップを背負っており、自分の思いや感情を上手に表現することができません。看護師は、利用者さんの表情やしぐさを丁寧に観察し、一人ひとりが表現している思いを共有すると共に、相手の気持ちを慮る心や倫理観が求められます。

看護部では、「私たちは心身共に思いハンディキャップを背負って懸命に生きる利用者を尊重し、利用者に寄り添い「こころを聴く」看護サービスを提供します。」と「私たちは愛と倫理観のもと誠実に看護実践をします。」との理念に基づき療育部をはじめとした多職種と協働しながら、利用者さんのQOL向上に向けて、医療面からサポートしています。

利用者さんの看護には、看護師としての基礎的な知識・技術に加え、一人ひとりの個性に応じた適切なケアが提供できるアセスメントと、専門的知識に基づいた看護技術をもって、ケアを提供していくことを大切にしています。

重症心身障害児者看護には、命と生活を守り支える看護の原点があります。
一人ひとりがその人らしく生活でき、笑顔あふれる時間をもてるよう看護を実践しています。

丹下看護部長

看護部理念

  1. 私たちは心身ともに重いハンデイキャップを背負って懸命に生きる利用者を尊重し、利用者に寄り添い「こころを聴く」看護サービスを提供します。
  2. 私たちは深い愛と倫理観のもと誠実に看護実践をいたします。

看護部の基本方針

  1. 利用者を全人的にとらえ、安全・安心な質の高い看護を提供します。
  2. 多職種との相互信頼と協働のもとに、個人にとってより良い生活が送れることを目指します。
  3. 高い倫理観と専門的な知識・技術に支えられた優れた看護実践者を育成します。
  4. 互いの強み・専門性を活用し、明るく働きやすい職場つくりをします。
  5. 組織の健全な経営に貢献します。

求める人材

利用者の気持ちを汲み取り、寄り添い、的確な技術を駆使し、笑顔が引き出せる看護師になることを願いとして、共に生きること、看護することの喜びを実感したい人

継続教育

  1. 小さき花の園看護部における教育理念
    小さき花の園の基本理念・運営方針に基づき利用者、家族のニーズに応じた質の高い看護が提供できる人材育成を目指します。看護職員が重心児者施設(専門病院)としての重症心身障害看護の専門性を追求し、自ら看護実践力を形成できるための支援を行います。
  2. 教育目標
    1. 利用者を全人的にとらえ、安全・安心な看護サービスが提供できる。
    2. 高い倫理観と専門的な知識・技術に支えられた看護実践ができる。
    3. 互いを尊重し、利他の心を養い、豊かな人間性を培うことができる。
    4. 専門職業人として自らが学ぶ姿勢を持ち、計画的にキャリア形成を行うことができる。
  3. 小さき花の園におけるキャリア形成
    組織の目標を踏まえて、各個人の能力及びライフサイクルに応じて組織の支援を受けながら、臨床実践能力の向上に自ら取り組みます。
    キャリア形成は、個人が自己実現に向けて主体的に能力を開発し、それを組織が支援するシステムです。(図1参照)


小さき花の園におけるキャリア形成

研修風景

テレジア会合同新採用者研修風景
テレジア会合同新採用者研修風景
テレジア会合同新採用者研修
採用後フォローアップ研修風景
採用後フォローアップ研修風景
園内 採用後フォローアップ研修(仲間と一緒に学びリフレッシュします)

看護体制

看護配置基準 第1病棟 特殊疾患病棟入院基本料2
第2病棟 障害者施設等入院基本料 7対1
勤務体制 病棟 2交代制勤務+変則勤務
日  勤: 8:45~17:15
中日勤:①9:15~17:45
②10:30~19:00
夜  勤:17:00~ 9:00
外来 日  勤: 8:30~17:00
在宅サービス支援部 日  勤: 8:15~16:45
看護方式 チームナーシング+一部機能別看護

セクション紹介

部署紹介

第1病棟

看護師長 松原由美子
第1病棟は、18歳以上の比較的医療依存度の低い方が生活しています。(52床)
利用者の平均年齢は40代半ばです。利用者の年齢が上がるとともに、医療職の役割も増えてきています。しかし、看護の基本的な役割は、美味しく・楽しく食事ができるように、楽しく活動ができるように呼吸を整え、より安楽に生活できるように健康管理をすることだと思います。利用者の皆様の笑顔が見たくて毎日頑張っています。

  • 第1病棟風景
  • 第1病棟風景
  • 第1病棟風景
  • 第1病棟風景
第2病棟

看護師長 日野真理子
第2病棟は長期利用者15名(児童8名)、レスパイト5名の計20床の病棟となります。
鎌倉養護学校の分校が併設されており、本校へ通えない生徒の授業も行われています。平成29年度から看護体制の7対1をとっており、排痰ケアなどの呼吸ケアを重点に利用者の健康維持に努めています。また医療行為だけでなく、人工呼吸器装着の利用者も個別の外出や行事参加など、療育部と協力し日常生活の支援をしています。

  • 第2病棟風景
  • 第2病棟風景
  • 第2病棟風景
外来
外来看護師 和泉志保

外来看護師 和泉志保
当園外来では、小児神経、発達障害相談、整形外科、リハビリテーション外来、装具外来の診療を完全予約制で行っています。疾病・障害を持ちながら地域で療養、社会生活を営む患者や家族などに対し安全で安心・信頼される診療が行われるよう努めています。患者・利用者とご家族の思いを大切にし、生活が円滑に送れるように調整を図りながら診療の補助・外来看護を提供させていただいています。
在宅支サービス支援部
看護主任 増成あかね

在宅支サービス支援部 看護主任 増成あかね
利用者は、就学期を除く幅広い年齢層の方で、医療的ケアを必要とする方を含みますが、日々楽しく日中活動を行っています。
在宅でお過ごしの皆様に、安全・安心を基盤に日常がより質の高いものとなりますよう医療的ケア、体調管理に努めております。

重症心身障害福祉協会認定 重症心身障害看護師紹介

松原由美子

重症心身障害看護師 松原由美子
第1病棟の師長をしています。第1病棟の利用者さんは意思表示ができるなど、比較的コミュニケーションがとれる利用者さんが多いですが、私が入職当時は、検温や食事介助を拒否された経験があります。利用者さんは職員のことをよく観察しています。日々の関りの中で信頼関係を築き、意思疎通が図れるようになった時の喜びは忘れられません。認めてもらえたことが、私が10年以上重心看護を続けられている原動力になっています。ここ数年、利用者さんの高齢化・重症化が進み医療ケアも増えています。しかし、医療ケアだけを提供するのではなく、行事やイベント時には療育スタッフと協力し、一緒に楽しめる病棟を目指しています。

日野真理子

重症心身障害看護師 日野真理子
2018年度から第2病棟の師長として働いています。小さき花の園のお子さんと関わるのは久しぶりですが、私もいろいろな思いを抱えて子育てをしています。自身の経験を活かし、障害をお持ちの全ての方とそのご家族の方たちの思いに寄り添えるようスタッフみんなで日々頑張りたいと思います。

織戸誠子

重症心身障害看護師 織戸誠子
初めはコミュニケーションが上手に取れないことと、多職種が協働していることに戸惑いました。しかし、じっくりと利用者と関わることで、重心看護の魅力がわかりました。純粋な笑顔など、利用者様からもらえるものの素晴らしさを、皆さんにも感じていただきたいです。

島崎木綿子

重症心身障害看護師 島崎木綿子
昨年、重心協会認定 重症心身障害看護師を取得致しました。数年前に甥を乳幼児突然死症候群で亡くしたことがあり、自分と家族の喪失感を少しでも埋めたいとグリーフケアの勉強をしていたこともあり、ターミナルケアについて研究を、上司や同僚の力をたくさんお借りして論文を完成したときは大きな達成感でした。当施設でもターミナルケアの委員会に参加させていただきたくさんの学びをさせていただきました。これからもライフワークにしていきたいと思います。

先輩の声

小森裕子(看護師・第1病棟勤務)

第1病棟勤務 小森裕子
小さき花の園の利用者さんは、皆さん心がとっても綺麗で表現がストレートで、その素直さが私は大好きです。毎日利用者さんの笑顔に元気をもらっています。
重症心身障害者の看護は難しいことも多いですが、これからもご本人の気持ちはもちろん、ご家族の方々の気持ちに寄り添い、皆様の生活が豊かになりますように努力していきたいと思っています。

鈴木菜月(看護師・第2病棟勤務)

第2病棟勤務 鈴木菜月
重症心身障害児者の看護は意思疎通が難しいことや、回復する疾患ではないため、やりがいを感じにくいと思う方もいるかもしれません。
しかし患者の入れ替わりが激しい病院とは異なり、長い期間利用者に関わることができます。
表情の変化に気付けるようになったり、不明瞭な言葉を聞き取れるようになったりと、その人の個別性を深く考えられることが魅力だと思っています。
また、ご家族の面会時、学校の授業、療育活動に参加しているときなどいろいろな表情を見せてくれることがやりがいに繋がっていると感じています。
医療度が高いため、施設だからゆったりとはいかず、忙しく時間が過ぎますが退勤後に見える、海と夕日に癒されますよ!
PAGE TOP